日本神話(古事記)

[11]オオナムヂ殺されて生き返る

八十神たちに求婚された八上比売 ヤガミヒメは、「私、オオナムヂと結婚します!」と宣言したんだ。

怒った 八十神たちはオオナムヂを殺そうとしたのさ。

八十神は、伯耆国 ははきのくにまで来た時、オオナムヂに向かって
「この山にいる赤い猪をつかまえよう!俺らが上から追い落とすから、お前は下で待って捕まえてくれ!ミスったらぶっ殺す!」
と言ったんだ。

オオナムヂは八十神たちの言葉を信じて猪を待っていたよ。

八十神たちは、猪に似た大きな石を火であぶって真っ赤に焼いてから落としたんだ。
これを捕まえようとしたオオナムヂは、大火傷をして死んでしまったんだ。

 

ちなみに、伯耆国 ははきのくにとは、イザナミの埋葬地の「出雲と伯耆 ほうき(鳥取)の堺の比婆の山」だよ!

オオナムヂのお母さんは、泣いてカミムスヒに「息子を生き返らせて〜」と訴えたんだ。
カミムスヒは、𧏛貝比売 キサガイヒメ蛤貝比売 ウムギヒメを遣わせ、
貝を粉にして水で溶いてオオナムヂの身体に塗って生き返たせたよ。

これを見た八十神たちは、もう一度オオナムヂを殺そうと、山に連れ出したんだ。
次は木の間に挟んで殺したよ。

オオナムヂのお母さんは、今度は自分でオオナムヂを蘇らせたんだ。

お母さん自分でよみがえらせることでるんか〜い!

お母さんはこのままではオオナムヂがまた殺されてしまうと心配して、
オオナムヂを木国 きのくににいる大屋毘古 オオヤビコの元へ送ったんだ。

木国 きのくにとは紀伊のことだよ!