日本神話(古事記)

[15]国譲りの交渉〜アメノホヒとアメノワカヒコ〜

アマテラスは、自分とスサノオの誓約で生まれた天之忍穂耳命アメノオシホミミに国作りをさせようとしたんだけど、天之忍穂耳命アメノオシホミミは「葦原中国はずいぶん騒がしんだけど!」ってすぐに戻ってきちゃったんだ。

そこで、アマテラスとタカミムスヒは八百万の神を集めて会議を開かせたよ。
葦原中国には乱暴な国つ神がたくさんいるらしいんだけど、どの神を使わせれば服従させられるのかと思金神オモヒカネと八百万の神たちにきくと「天菩比神アメノホヒ」をご指名してきたんだ。

早速、天菩比神アメノホヒを送りこんだんだけど、大国主オオクニヌシに懐柔されて3年たっても戻らなかったよ。

アマテラスとタカミムスヒはまた、八百万の神にきいてみたんだ。
天菩比神アメノホヒは全然戻ってこないんだけど。。。他の神を送るとしたら誰がいいかな?」

思金神オモヒカネは今度は「天若日子アメノワカヒコ」をご指名してきたよ。

そこで、天若日子アメノワカヒコに弓と矢を授けて送り出したんだけど、大国主オオクニヌシの娘の下照比売命シタテルヒメを妻にして、国を自分の物にしようと野望をいただいて8年戻らなかったんだ。

 

アマテラスとタカミムスヒはまた八百万の神に聞いてみた。

天若日子アメノワカヒコが全然戻ってこないんだけど。また誰かを送って天若日子アメノワカヒコが戻らない理由を知りたいんだけど。。。」

次に思金神オモヒカネは「鳴女ナキメという雉(きぎし)」をご指名してきたんだ。

 

 

 

鳴女ナキメ」はなぜ8年も帰ってこないか、天若日子アメノワカヒコに尋ねたんだけど、アマテラスが授けた矢で天若日子アメノワカヒコに殺されてしまったよ。

矢が刺さったままの「鳴女ナキメ」の亡骸はアマテラスとタカミムスヒのところまで届いたんだ。

アマテラスとタカミムスヒは、
「この矢が悪い神を射るのに放たれた矢なら天若日子アメノワカヒコには当たるな!もし、邪心を持って射った矢なら天若日子アメノワカヒコを死なせろ!」と言って矢を投げ返したよ。

矢は天若日子アメノワカヒコに胸に刺さり、死んでしまったんだ。

天若日子アメノワカヒコの妻下照比売命シタテルヒメの泣く声は天まで届いて、天若日子アメノワカヒコの父天津国玉神アマツクニタマと妻も下界に降りて悲しんだよ。

葬儀用の仮小屋に、阿遅鉏高日子根アヂシキタカヒコネの神が天若日子アメノワカヒコを弔いに来たんだけど、その姿が天若日子アメノワカヒコにそっくりだったので、父天津国玉神と妻は天若日子アメノワカヒコが生き返ったと喜んだんだ。

すると、死人と間違われた阿遅鉏高日子根アヂシキタカヒコネの神はすっごく激怒して仮小屋を蹴散らして飛び出してしまったよ。

死は穢れだから、死体に間違われることはとても嫌なことだったんだね。

ちなみにこの阿遅鉏高日子根アヂシキタカヒコネの神は、大国主オオクニヌシ多紀理毘売命タキリビメの子だよ。