日本神話(古事記)

[9]スサノオ、出雲で八俣のオロチを倒す

スサノオ、出雲へ

そんなこんなで、高天原を追放されて文無しのスサノオは出雲(島根県)を流れる斐伊川ひいかわの上流にある鳥髪とりかみに降り立ったよ。

川上から流れて来た箸を見つけて、人がいそうな川上を目指したんだ。

すると、娘を囲んで泣いている、老父と老母に出会ったんだ。

老父は「山の神のオオヤマツミの息子で、足名椎命アシナヅチと申します。妻の名前は手名椎命テナヅチで、娘は櫛名田比売クシナダヒメです」と答えたんだ。

ちなみに、オオヤマツミとは[3]イザナギとイザナミの神生みで誕生した神様だよ。

老父たちにどうして泣いてるのか聞くと、
この老夫婦にはもともと八人の娘がいたんだけど、八俣ヤマタのオロチが毎年やって来て、娘たちを食べてしまったらしく、そろそろ八俣ヤマタのオロチがやって来る時季なので、最後の娘を失う悲しさで泣いていたんだって。

スサノオの突然の申し出

八俣ヤマタのオロチってゆうのは、目玉は真っ赤、ひとつの身体に八つの頭と八つの尻尾、身体には苔やらヒノキやらスギの木まで生え、体長は谷を八つ、峰を八つ渡るほども長いらしい。

でっか!!!

それを聞いたスサノオは、娘さんをくれ!と言い出したんだ。その代わり八俣ヤマタのオロチを退治するからって。

足名椎命アシナヅチ手名椎命テナヅチはスサノオがアマテラスの弟だと知ると喜んで娘を差し出したんだ。

櫛名田比売クシナダヒメの姿を湯津爪櫛ゆつつまぐしという櫛に変え、みずらに挿したスサノオは、足名椎命アシナヅチ手名椎命テナヅチに度の強い酒を造り家の周りに張った垣に、八つの出入り口を作って各出入り口に酒を置くよう命じたよ。

やがて現れた八俣ヤマタのオロチは八つの首を各酒壷に突っ込んで、お酒をたらふく飲み干して、寝入ってしまったんだ。

スサノオはその隙に、八俣ヤマタのオロチを剣でめった刺しにしたもんだから、斐伊川ひいかわは血で真っ赤に染まるほどだったんだ。

スサノオが八俣ヤマタのオロチの尾を斬りつけたとき、堅いものが当たって刃が欠けたので、尾を剣で切り開いてみたところ、中から大きな太刀が出てきたんだ。
これは珍しい!と思い、アマテラスにプレゼントしに行ったよ。

この太刀こそ、三種の神器のひとつの草薙剣くさなぎのつるぎなんだ。

日本で初めて生まれた和歌

そんなこんなで、スサノオは出雲(島根県)の地に住むことにしたんだ。
須賀すが(島根県雲南市)にたどりついたスサノオは、この地を気に入って、御殿を建てることにしたよ。

ちなみに、この時スサノオが「ここはとっても気分が『すがすが』しい場所だなあ」と言ったのでの地を「すが」と呼ぶようになったんだよ。

スサノオが御殿を造っていたら、地面から雲が立ち昇ったので、これを見て歌を読んだんだ。

八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を
「妻を厳重に守るために八重の垣を巡らす」という意味だよ。

スサノオは足名椎命アシナヅチを御殿の管理主に任命して、櫛名田比売クシナダヒメと結婚し、八島士奴美神ヤシマジヌミを生んだよ。

その子は山の神のオオヤマツミの娘、木花知流比売コノハナノチルヒメと結婚し、また子を生んだんだ。
その玄孫やしゃご(ひ孫の子)にあたる神が、次のお話にでてくる大国主おおくにぬしなんだ。

古事記をイラストにしました♪

このサイトのイラストは全て138神世界が描いております。

今後どんどん充実させていきますので、ご期待ください♪

また、こんなイラスト描いて!というご要望がありましたらメールにてお気軽にリクエストください♫

お問い合わせはコチラ