日本神話(古事記)

[2]イザナギとイザナミによる国生み

天の神たちは、「まだクラゲ状のままの国を固めて国土にしなさい」と言って
イザナギとイザナミに「天の沼矛アメノヌボコ」を授けて、その仕事を命じたんだ。

イザナギとイザナミは天の浮橋に立って、下界に下ろした「天の沼矛アメノヌボコ」で「こおろこおろ」と海をかき混ぜて引き上げて、矛の先から落ちる塩が固まってできた島を『オノゴロ島』と呼ぶことにしたよ。

ちなみにこのオノゴロ島、現在の淡路島近郊の島という説もあるんだよ。

イザナギ・イザナミはこのオノゴロ島の上に降り立って、天の御柱あめのみはしらという大きな柱を立てて大きな宮殿を建てたんだ。

そして、イザナギはイザナミに「あなたの身体はどうなっているの?」ってきいたよ。

するとイザナミは「私の身体は出来上がってるけど、足りないところがあるの」と答えた。

イザナギは「俺の身体もできあがってるけど、1か所だけ余ってしまった部分がある。
君の足りないところに俺の余った部分を差し込んで国を生むっていうのはどうだい?」と訪ねてきたんだ。

イザナミがOKすると、イザナミは右からイザナギは左から大きな柱を回って出会ったところで

『あなにやし えをとこを(あぁ、何と言う素敵な男か)』とイザナミが言い、
『あなにやし、えを みなを(あぁ、何と言う素敵な女か)』とイザナギが言ってまぐわって子どもを産んだんだ。

でも、、初めに生んだ子どもは「淡島」と手足の不自由な「蛭子ヒルコ」だったので、蛭子ヒルコは流して捨ててしまったんだ。

天つ神に相談すると、最初に女であるイザナミが声を掛けたのが良くないと言われたから
今度は男のイザナギが初めに『あぁ、何ていい女なんだ』と声を掛けて、次にイザナミが
「ああ、なんてすてきな男」と言い終えてからまぐわったんだ。
そこで、八つの島が生まれたよ。

八つの島々はこちら

はじめに八つの島が生まれたから、日本は「大八島国おおやしまのくに」と呼ばれようになったんだ。

さらにイザナミは島を生んでいくんだ。

八つの島の後に生んだ島はこちら

古事記をイラストにしました♪

このサイトのイラストは全て138神世界が描いております。

今後どんどん充実させていきますので、ご期待ください♪

また、こんなイラスト描いて!というご要望がありましたらメールにてお気軽にリクエストください♫

お問い合わせはコチラ