日本神話(古事記)

[3]イザナギとイザナミの神生み

国を生み終えて、続いて二人はたくさんの神々を生んだんだ。
家宅を表す神、風の神・木の神・野の神といった自然にまつわる神々だよ。

詳しく知りたかったら青字をクリックしてみてね!

生まれた神たちはこちら

最後に、火の神である火之迦具土神ヒノカグツチを産んだ時イザナミは陰部(産道)に大火傷を負っちゃうんだ。

病床に伏せたイザナミが吐いた吐瀉物からも、糞尿からも神が生まれていくよ。

病のイザナミから生まれた神はこちら

ちなみに最後の和久産巣日ワクムスビの神の娘が、豊宇気毘売トヨウケビメの神として知られ、食物を司っている女神、豊宇気毘売トヨウケビメだよ。

その後、イザナミは死んじゃうんだ。そして死者の国である「黄泉の国よみのくに」へ行ってしまうよ。

イザナギとイザナミが生みだした島は全部で十四、神は三十五神にもなったよ。

古事記をイラストにしました♪

このサイトのイラストは全て138神世界が描いております。

今後どんどん充実させていきますので、ご期待ください♪

また、こんなイラスト描いて!というご要望がありましたらメールにてお気軽にリクエストください♫

お問い合わせはコチラ