日本神話(古事記)

[1]古事記!日本誕生で神様が生まれる!

天と地が初めて分かれたとき、神が現れたよ。
まず、天御中主神アメノミナカヌシノカミ 、 次に高御産巣日神タカミムスヒ 、 その次に神産巣日神カミムスヒ の三人の神様だよ。
だけど、すぐに姿を隠してしまうんだ。

この三人を『造化三神ぞうかさんしん 』と呼ぶんだよ。
この後にも2人、神様が現れて姿を隠しちゃった。

この『 造化三神ぞうかさんしん 』と、後に現れた2人の神様を合わせた計5人の神様を 『別天つ神ことあまつかみ 』と呼ぶよ。

とっても特別な神様だよ。

この『 別天つ神ことあまつかみ 』たちには性別がないから『独神ひとりがみ 』と言われてるんだ。

ちなみに神様のいる天上界は『高天原たかまがはら 』、 地上は『 葦原中国あしわらのなかつくに 』、 死者の住む冥界めいかいは『 黄泉の国よみのくに 』と呼ばれるようになったよ。

その後、国之常立神クニノトコタチ豊雲野神トヨクモ の二神の神様が『独神ひとりがみ 』で現れたよ。

その次からは、夫婦の神として男女ペアの五組の神々が現れたんだ。

その最後の五組目に現れたのが、伊耶那岐神イザナギ伊耶那岐神イザナミ だよ。
有名な神様だよね。

この、国之常立神クニノトコタチの神から伊耶那岐神イザナミ の女神までを『神代七代かみよななよ 』と呼ぶんだ。

古事記をイラストにしました♪

このサイトのイラストは全て138神世界が描いております。

今後どんどん充実させていきますので、ご期待ください♪

また、こんなイラスト描いて!というご要望がありましたらメールにてお気軽にリクエストください♫

お問い合わせはコチラ