日本神話(古事記)

[5]イザナギの禊

イザナギは黄泉の国で穢れた身を清めるため日向(宮崎県)の阿波岐原あわぎはら(宮崎市)へ向かい、海で禊をすることにしたよ。

身に着けていた衣服などからも神様がうまれるし、清めている間にもいろんな神様が生まれたんだって。

そして最後に、イザナギが左の眼を洗うと天照大御神アマテラスが、
次に右の眼を洗うと月読命ツクヨミが、
最後に鼻を洗うと須佐之男命スサノオが生まれたんだ。

この神様たちは、三貴神さんきしんと呼ばれる強力な神々だったからイザナギは喜んで
首飾りをアマテラスに与えて、高天原たかまがはら(天上界)を治めるように命じたよ。

そして、ツクヨミに夜の国を、スサノオには海を治めるよう命じたんだ。

古事記をイラストにしました♪

このサイトのイラストは全て138神世界が描いております。

今後どんどん充実させていきますので、ご期待ください♪

また、こんなイラスト描いて!というご要望がありましたらメールにてお気軽にリクエストください♫

お問い合わせはコチラ